なるほどね。

北海道民独身男性の日常

季節にやたらと背を押され

今日のブログは確実にポエムになる。

こういう時は、書く前からなんとなくわかる。

 

朝になんとなく体調が悪く、大事を取って久々の有給である。

手持ち無沙汰な時、そぞろに書いたものは大抵ポエムになってしまう。

もともと感傷的な性格をしているせいもあるのかもしれない。

 

街は、すっかり秋の様相を呈している。

さすがにまだ紅葉はしていないが、騒がしい虫の声はもうしない。

空も随分高くなったように思う。

朝晩は、半袖で外に出られなくなった。

確実に季節が進んでいる。

自分が20代でいられる時間も、刻一刻と過ぎている。

 

どんどん加速していく体感時間の中で、人生を20代、30代とつい切り分けたくなる。

そうやってマイルストーンを置くことで、残された時間を慈しみたくなる。

根拠もなく若い今がずっと続きそうだと思っていたあの頃とは違う。

人生もまた、季節がゆっくりと移ろっている。

 

 

そうは言っても、まだ自分の人生は夏くらいだろう。

せいぜい夏が後半に差し掛かったあたりじゃないか。

きっと、季節に引きずられてセンチになっているだけだ。

30代がまるで人生の秋のように見えてしまうのは、きっとそのせいだ。

 

そう頭ではわかっていても、焦燥感が湧いてくる。

しかも、周囲の色々なことが思いがけず変わっていく。

本当に人生、何が起きるかなんてわからないものだ。

ここ数年は特にそう思う。

 

だからこそ、次の誕生日はいつも通り迎えたい。

節目を作って自分で自分を急かしても、良いことはないだろう。

将来のことを色々と考えるあまり、今の気持ちに嘘をつきたくはない。

 

これからやって来る秋を憂うよりも、実りの秋と期待する方が、ずっと良い。

秋の終わりに、ふと小春日和が訪れることだってあるだろう。

 

それにしても、美味しい柿が食べたいものだ。