なるほどね。

北海道民独身男性の日常

睡眠不足

社畜の鎖自慢で典型的なものに、睡眠時間の短さを自慢し合うというのがある。

 

「俺なんか4時間半だよ」

「いやいや、俺なんか3時間…」

 

という、聞いているだけでうつ病になりそうな会話だ。

 

同年代がどれほど眠っているか正確なことはわからないが、私はよく寝る方だと思う。

普段でも22時過ぎに寝て7時過ぎに起きる。

たまに調子が出ない時には21時くらいに寝て7時半過ぎに起きることもある。

昔は12時間以上寝続けたりしていたので、これでも大分短くなったものだ。

 

それがどういうわけか、昨夜はなかなか寝付けなかった。

0時を過ぎ、1時を過ぎ、2時を過ぎた頃ようやく寝たものの、途中で何度か起きた。

おかげで今日はひどい睡眠不足だ。

何しろ6時間睡眠でも辛いというのに、4時間半くらいしか眠れていない。

まるで冒頭の社畜自慢のような睡眠時間だ。

 

睡眠不足になると脳みそがふわふわの膜に包まれたような感覚になって気持ち悪い。

思考にも靄がかかり、頭痛がして、顔に吹き出物が出て胃が痛む。

あまりにも辛かったので、今日は定時で退社した。

ここで、睡眠の大切さを伝える名言をいくつか紹介しよう。

 

「徹夜はするな。睡眠不足はいい仕事の敵だ。それに…美容にも良くねえ」

ポルコ・ロッソ(紅の豚

 

「うおーーー!!!睡眠の重要性!!!睡眠の重要性!!!」

風見雄二(グリザイアの果実

 

「私なんかの場合、5時間寝れば十分です。昨日も午前2時に寝て、午後5時には起きましたからね」

長嶋茂雄読売ジャイアンツ

 

明日に向けて、今日はゆっくり寝ることにしよう。