なるほどね。

北海道民独身男性の日常

日曜の夜

あなたは何をして過ごしますか?

 

いつも、早く寝ようと思いながらなかなか寝られず悶々とした夜を過ごす。

次の日のことを考えれば、早く寝るに越したことはない。

 

しかし、目をつぶり、次に開けた時には労働が手ぐすね引いて待っているのだ。

自然と布団が遠のいて、何をするでもなく日付が変わる。

特に何かをしているわけではなく、手をこまねいているうちに日曜が死んでしまう。

 

f:id:mofupyon:20161120222422j:plain

 

本当はもっと現実から逃げられるのかもしれない。

本当はもっと楽しい過ごし方があるのかもしれない。

そう思って試行錯誤したこともある。

暖かい飲み物を飲んでみたり、自分で手をオイルマッサージしてみたりもしたが。

そんなことくらいで月曜の憂鬱は吹っ飛んで行かないのである。

 

結局、全てを諦め、受け入れるしかないのかもしれない。

月曜とにらめっこしながら死にかけの日曜を愛おしむ時間も、人生の大事な要素だ。

 

そんなわけあるか、ふざけんな。

ああ、働きたくねえなあ…