読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるほどね。

北海道民独身男性の日常

温泉宿でまさかの夢精

下世話なタイトルで恐縮だが、一大事である。


昨日から、稚内の南にある豊富町に来ている。

資源が"豊富"なのが、豊富の名の由来らしい。

なんと、原油や天然ガスが地下から出るという。

その資源の一つが温泉だ。

冗談抜きにガソリンスタンドの匂いのお湯である。

しかも水面には、油の膜がうっすら浮いている。

皮膚病に効くらしく、湯治客も多い。

そんな珍しい温泉のとある宿で事件は起きた。


深夜一時。

アッ、と思って跳ね起きた。

すでに股間には気持ち悪い感触。

まず、布団を跳ね飛ばして起き上がった。

幸いにしてシーツや布団の被害はほぼ無い。

次に、この始末をどうするか必死に考えた。

ここは温泉宿、個室に風呂は無い。

トイレも洗面も共用だ。

…そう言えば、風呂が深夜も入れるらしい。

ということで、タオルで股間を抑えつつ風呂へ。

深夜なので人と出くわすことは無かった。

パンツを洗い、洗い場でシャワーを浴びて一息。

一件落着。


それにしても焦った。

スーパームーンのせいか、食事のせいか。

とにかく、出先では勘弁して欲しいものだ。


お目汚し、大変失礼いたしました。