読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるほどね。

北海道民独身男性の日常

風邪を乗り越えて、朝。

とても後味の悪い夢を見た。

 

市販の風邪薬はどうにも合わない。

一気にテンションが上り、その後猛烈な憂鬱が襲う。

麻薬と大して変わらないような気もする。

世間でも、パブロンゴールドやブロンの危険性について言われているところだ。

妙な夢もそのせいなのだろう。

しかし、ゆうべはどうにも熱が引かず、やむなく飲んでみると案の定である。

 

それにしても、夢にしてはやたらとリアルだった。

夢は自分の中の無意識を写す鏡だ。

いわゆるぼんやりとした不安が、形をなして襲ってくる。

起床してすぐ、年甲斐もなく号泣していたことに気づいた。

 

風邪はすっかり治ったようだ。

今日も、ゆっくり休もう。