読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なるほどね。

北海道民独身男性の日常

夏の終わり

夏はあっという間に過ぎていった。

昨日寒冷前線が通り過ぎ、季節が急に歩を進めた。

今年もまた秋を飛ばして冬がやってくるのかと思うと切ない気持ちになる。

 

先日、久々に札幌の風俗に行ってきた。

単に性欲を満たすだけなら、正直なところ一人で済ませた方がよっぽどいい。

しかし、毎回色々と考えさせられるのだ。

「こういう気の遣い方もあるのだな」とか、

「こういう話し方をすれば自然と相手の領域に入れるのか」とか。

性的なサービスよりむしろ会話や目配せ、ちょっとした仕草が気になる。

参考にする機会は訪れないかもしれないが。

きちんとした対応の出来る方が相手だと、気分良く帰ることができる。

結局のところ、そういった精神的な充足感を求めているのかもしれない。

 

最近は色々と枯れてしまって、仲々夜遊びもできなくなった。

20代も残りあと僅か、今のうちにできることをしておきたいものだ。