なるほどね。

北海道民独身男性の日常

鼻がツンとするときは

風邪のひきはじめ、である。 早く寝てゆっくり身体を休めれば治る程度だろうとは思うが。 やはり、ここ数日の気温が原因だろうか。 急に寒くなったと思えば、ウソのように暑くなる。 その繰り返しをしているうちに、気づけば冬がやってくる。 もう10月、北海…

休日の過ごし方

どこの職場でも割と話題に登るのではないだろうか。 月曜日に休日出勤した代休を金曜日にもらい、4連休が出来た。 久々の長い休み、有意義に過ごしたいものだ。 そんなわけで、今日は札幌にやってきた。 札幌はいい。大体なんでもある。 まずはすすきのに車…

空腹について。

「腹が減っては戦が出来ぬ」とはよく言ったものだと思う。 腹が減っている時は何を考えてもネガティブな方へと堕ちていくものだ。 田舎に引っ越して、一番の悩み事は食事だ。 とにかく食事をする場所がない。 いや、あるといえばあるのだが、正確には夜遅く…

夏の終わり

夏はあっという間に過ぎていった。 昨日寒冷前線が通り過ぎ、季節が急に歩を進めた。 今年もまた秋を飛ばして冬がやってくるのかと思うと切ない気持ちになる。 先日、久々に札幌の風俗に行ってきた。 単に性欲を満たすだけなら、正直なところ一人で済ませた…

お盆

今年もお盆がやってきた。 お盆にはご先祖様の霊が里帰りするという。 一体、それをどれだけの人が信じているのかはわからない。 死後の世界があるのかどうか、それすら定かではない。 しかし、それでも何となく、お盆にはご先祖様を意識してしまう。 論理的…

夏だ。

住んでいる所によって、季節感というのは随分違う。 年齢によっても感じ方が違うのかもしれないが。 今まで人生で8回の引っ越しを経験してきた。 北海道の苫小牧市、札幌市、小樽市、名寄市、そして宮城県の仙台市。 どの夏もみんな違う夏だった。 苫小牧市…

風邪を引いた。

一人暮らしで最も恐ろしいのは病気だと思う。 看病してくれる人は居ない。 御飯を作るのも自分。 買い物も自分。 病院までの運転も自分。 自分以外に誰も何もしてはくれない。 こんな時、音もなく忍び寄ってくる物がある。 結婚欲だ。 こんな時に嫁が居てく…

価値観の相違

今日は久しぶりに札幌の北にある浜益(はまます)というところに行ってきた。 浜益には漁港があり、とれたての魚介を使った料理を出す食堂が立ち並ぶ。 まずはそのうちの一軒、「ふじみや」へ。 ここは食堂だけでなく和菓子屋もやっていて、むしろそちらがメ…

華の金曜日

体調を崩してさっさと帰ってきた。 独身男性にとっては、ちょっとした風邪すら死活問題だ。 不安。寂しい。つらい。もうダメ。死ぬ。 病気の苦しみが体感で100倍くらいになる。 そして思う。「ああ、結婚してえ・・・」 非常に危険だ。嘆かわしい。 「魔が差…

若さとは何か。

とある歌の詞によれば、振り向かないことだという。思うに、若さの定義は「失うこと」にある。若さゆえに失い、若さゆえにそれを埋める何かを求めてもがく。そうしてある時、ふと諦めて、若さそのものを失ってしまう。ならば老いとは即ち「諦め」なのだろう…

汚職事件をお食事券のことだと思っていたあの頃

最近、とてつもなくどうでもいいことを思い出すようになった。 小さいころに観た怖い夢とか。 虫取りをしていたら間違えて蛾を捕まえてしまったこととか。 風に揺れているタンポポと話をしていたこととか。 家の近所にあった慰霊碑の周りに植わっていたオン…

掃除と洗濯

が苦手だ。 ケチって乾燥機付きの洗濯機を買わなかったことを今も後悔している。 掃除機も、もっと軽くて小さいのでよかったと思っている。 でもきっと、もっと良い家電を買っても家事はおろそかなままだろう。 部屋の様子は精神状態を表すと聞いたことがあ…

残業は定時を駆逐する

今日は早く帰るつもりだった。 しかし周囲を見ると、誰も帰宅する様子がない。 幸いなことに、ここで帰っても扱いが悪くなるような職場ではない。 ところが、なぜか帰れない。 帰りたい。 でも帰れない。 恐ろしいことに、残業をすることが精神安定につなが…

残業のちラーメン

残業は疲れる。 そこまで身体を動かしているわけでもなく、そこまで集中しているわけでもない。 それでも、残業のダメージはじわじわと蓄積していく。 肩を落として会社を出ると、空腹が限界を超えて空腹ではなくなっている。 しかし栄養補給を欠かすわけに…

ブログをさぼった。

特に深い理由はなかった。 今日の出張のための準備をしていたらいつの間にか寝る時間になっていた。 そんなわけで、今日も出張である。 ライラックやツツジが咲き誇る時期になった。 花を見かける度、花の香が漂う度に仕事で凝り固まった心が少しだけ綻ぶ。 …

昼ごはん。

最近、昼ごはんの構成を少し変えてみた。 以前は大盛りのカップうどんORカップそば+ヨーグルトだった。 しかしどうにも、満足感が足りない。 そこで、五目おにぎり3個パック+カップ麺+野菜ジュースに変更してみた。 五目おにぎり3個はなかなかお腹にたま…

今期のアニメ。

三者三葉でテンションを上げ、 ばくおん!!でそこそこ笑い、 ハンドレッドでニヤけて、 あんハピ♪でほのぼのして、 ネトゲ嫁で頭を抱え、 アスタリスク2期でニヤけて、 ふらいんぐうぃっちで癒やされて、 魔法つかいプリキュアで幸せになる。 毎週だいたい…

日本海。桜。北国の春。

白樺、青空、南風である。 北国の春である。(ピンと来ない方は「北国の春」をYouTubeで検索願います…) 白樺花粉症もかなりいい感じに進んできている。 最近は鼻づまりがひどく、薬を吸入しても夜中に息苦しくなって起きる有様。 あと少しの辛抱と思って耐…

とても疲れた。

出張から帰ると、机にたくさん仕事が溜まっていた。 アタフタと仕事を片付け、少し落ち着いたと思ったところで過去のミスが発覚。 対応に追われて目がグルグルしてしまい、同じ報告を2度繰り返して気が付かず。 同僚に勧められて帰宅。瞬間、どっと疲れが押…

出張をした。

そこそこ出張の多い職場に勤めている。出不精ではあるが、出張は好きな方だ。外に出れば気分も変わる。殺風景な景色でも、会社よりはずっとマシだ。一方、どこかで帰りたいと思う自分もいる。帰る先はもちろん会社ではない。きっと、あの陰気なアパートでも…

うどんを食べた。

うどんはいい。 幸せ。

早く帰った。

決して10連休を作ったわけではなかったのだが、休みボケがひどい。 久々に太陽の出ているうちに帰宅した。 早く帰っても特に何かをするわけではない。 ご飯を食べて、お風呂に入って、ぼーっとしていたら寝る時間になる。 平日をそうやって乗り切った向こ…

アニメを見ていた。

昼に起きてからずっとアニメを見ていた。 なんでこの歳になってもアニメを見ることがやめられないのか。 自分の人生にないキラキラしたものが見たいから? 取りこぼした青春を追体験したいから? 昔からファンタジー作品を読むのが好きだった。 自分の人生を…

引きこもった。

食パンとソフトカツゲンを買い込んでひたすらそれを食べては寝ていた。 なんて贅沢な時間の使い方だろう。 外に出るのは良い気分転換になる。 しかし、外には刺激が多すぎる。 大きな声でわめく子供。 後ろから煽ってくる車。 香水を付け過ぎた人たち。 身体…

ラーメンが美味かった。

今日も結局21時ごろまで残業をしてしまった。 今日こそは早く帰ろうと思いながら出勤するのだが、その希望は大抵儚く散る。 残業をすると、飯の選択肢がぐっと狭まる。 北海道の、それも地方ともなればマクドナルドですら20時に閉まる。 仕方がないからラー…

雨が降っていた。

札幌方面から下道で旭川へ行く場合、最もよく使われるのはおそらく国道12号線だ。 岩見沢市や砂川市、滝川市といった空知地方の主要都市を通るこの道は車通りが多い。 一方、少し西側を通るルートに国道275号線がある。 どこまでも田舎を通り続ける”ダウナー…

薬が効いた。

母親から鼻炎の薬をもらって飲んだ。 鼻水はピタッと止まった。しかし。 眠い。 どんなに「眠くなりにくい」と書いていても薬で眠くなる面倒な体質。 眠すぎてひたすら画面を見つめてTwitterをする休日。 よくよく考えたらいつもの休日と何も変わらない。 こ…

実家に帰った。

実家に帰ると、祖母がテレビを見ている。 で、茶の間に居る以上テレビを見ることになる。 民放のバラエティーはどれもこれも怪しい通信販売の番組みたいな感じで。 アレが身体にいい、コレが認知症を防ぐ。わかったわかった、全部食えばいいんだろ。 こんな…

働いた。

「昼寝をすれば夜中に 眠れないのはどういうわけだ」(井上陽水/東へ西へ) とはよく言ったもので、ゆうべは何度も目を覚ました。 5時半に起きた時はもういっそこのまま起きて会社に行ってやろうとも思った。 そこまで会社に魂を売り渡した覚えはないので何…

よく寝た。

起きたら昼の12時半だった。 春眠暁を覚えずとはよく言ったものだと思う。 腹が減ったのでカロリーメイトドリンクでカロリーメイトブロックを流しこんだ。 腹がいっぱいになると眠くなる。 布団に潜り込んで、意識を失った。 起きたら夕方の16時だった。 な…